幼児教育に関して知りたくなったらこのサイト

学校の始まり

乳児期と幼児期

○ヶ月の時期から1歳まで乳児期といい1歳から6歳までの事を幼児期と言っています。
乳児期と簡単に言っても、1歳、2歳になると歩き始めたり、3、4歳で友達ができ始めて人間関係が形成されていきます。
5、6歳になるとコミュニケーション能力が急激に発達するため、将来的に自分自身の性格の基礎を決める時期なので重要な期間であるといえます。
そのため、乳児期や幼児期の教育をしっかりと行っておくことで、後々苦労せずに済みます。
イヤイヤ期など大変な時期がありますが、たった数年の間だけなので根気よく子育てを頑張りましょう。
意外と乳児期と幼児期の大変な時期を過ぎてしまうと子育てが楽になるので寂しく感じてしまう事もあるかもしれません


幼児教育と早期教育の違い

幼児教育と早期教育を間違ってしまう方がいますが、全く別の意味があります。
幼児教育は、幼児期に行う全体的な教育の事で基礎的な事を身につけるために用いられます。
幼稚園や保育所なども幼児教育の一種です。
早期教育は、小学校入学に向けて乳児期の時から教育を行う事です。
分かりやすく説明すると幼児教育は、生きていく上で必要な事を学び、早期教育は、レベルの高い小学校に入学するために早い段階から学んでおく事という目標があります。
親御さんがお子さんに幼児教育や育児教育を受けさせたいと強く思っても、お子さんが嫌がると親御さんの思う通りにはいきませんので注意が必要です。
日常生活を送っていく中で、お子さんがどんなことに興味を持つのか観察しながら、お子さんが興味のありそうなことを取り入れた幼児教育や早期教育を行う事で、長く続ける事ができる可能性が高いため、おすすめです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る