幼児教育に関して知りたくなったらこのサイト

幼稚園や保育所や認定こども園ではどんな教育が受けれる?

幼稚園と保育所と認定こども園

幼稚園は、文部科学省が決めた学習指導書に基づいて、生きていく上で最低限必要な基礎的な部分を学習します。
社会に適応する力を身につけるという場所でもあります。
費用は、保育所よりも通う学校によって高額になってしまいますが、お子さんの将来を考えて良い幼稚園に通わせたいと考える親御さんも一定数いるそうです。
反対に保育園では、愛情を保育士がたっぷり注ぎ、生活していく上で大切な事をゆっくりと時間をかけて教えていきます。
認定こども園は、保育園と幼稚園のそれぞれ良いところを掛け合わせたような場所で、愛情をたっぷり注ぎながらしっかりと社会性を身につける事ができるので認定こども園に通わせたいと考える親御さんは多いようです。

幼児教育をする上で大切な事は

幼児教育で何よりも大切なことは、子供の自主的な部分をしっかりと育てる事です。
親御さんにはお子さんにさせたいことなどあるかもしれませんができるだけお子さんが興味を持っていることをさせてあげるのが良いと思います。
達成感や物事で上手くいかなくても、あきらめない気持ちを身につける事が大切です。
幼児教育と聞くと難しく考えてしまいがちですが、日常生活の中で、親子でしっかりとあいさつをしたり、教育テレビを見たり、本を読んだりなどする事も大切な幼児教育の一環です。
幼児教育に正解はないので、親御さんなりに幼児教育とはどうゆうものか考えた上で、いろいろと試してみると良い方法が見つかりやすいかと思います。
一昔前までは、しつけと称して手をあげたりしている親御さんもいましたが、現在ではそのような事をすると虐待として扱われてしまう可能性がありますので怒る時は手をあげないようにしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る